神式の葬儀、千葉で知った「手水の作法」とはどういう意味?

“千葉の葬儀で知った手水の作法”とは、神にお参りするための清めの儀式です。

外界から訪れる人たちのために、かなり簡略化されています。

■心身を清めてからのお参り、そのための手続き。

仏式の葬儀とは違って、神式には手水というルールがあります。

手水と書いてちょうず、てみずとも読むこの作法は、神社にお参りする祭の最初のステップです。

神式では人界に暮らす汚れた人が、身を清め、心身ともに清らかな状態になってから神に詣でます。

手を洗い次に口をすすぎ、それで禊(みそぎ)の儀式が終わったことになります。

最初は右手で柄杓(ひしゃく)をもって左手を、次に右手にもちかえて左手をなど細かな手順まで決まっています。

■神式は仏式にくらべて作法が面倒と言うけれど。

面倒に思える神式(神道)の儀式でも、それらはかなり簡略化・省略化されたもので、ほんとうであれば参拝・拝礼までに30分~1時間とかかる儀式です。

私服のままで手や口を洗い流すだけで終われるのは、俗世間に暮らす私たちに与えられた特別なルールです。

宮司や巫女などには、詣でるまでに想像以上の手続きが必要です。

▽仏式と同じく、神式の葬儀にも様々な作法があります=【関連記事:https://news.mynavi.jp/article/20130203-a011/

■深くお辞儀をすることを「拝」と言います。また手を打つことを「拍手」と言います。

ともに深い感謝の念を表しています。

参拝のときの拝や拍手の仕方は詣でる神社によって多生異なりますが、どのような参拝でも、深い感謝を表すことに違いはありません。

千葉でもよく願い事をするために神社に行く人を見かけますが、本来は感謝のみで済ませるのが作法。

「努力すればでき得ることを神に祈ってはいけない」というのが本来です。