千葉の葬儀にあった神式の「斎主」や「玉串」の意味は?

「千葉の葬儀に」ということですが、神式では仏式で経を唱える導師のような人を斎主と呼ぶなど、呼び名に1つずつ違いがあります。

千葉に限った呼称ではありません。

■斎主は「神を祀る人」・導師・中心人物。

神式(神道)の葬儀で耳にすることがある「斎主」というのは、神を祀る人という意味で、葬儀の最高責任者ということです。

仏式で言うなら葬儀で経をあげる僧侶、宗門の法主、一般的な会社で言うなら社長・会長といったところでしょうか。

神式ではさまざまな式次に「祭」という1文字が付きます。

葬儀祭とか、通夜祭などもそうです。

この祭は、祀るという音が転じて成っており、祀る人、つまりいちばん偉い人、中心人物を指しています。

■省略化されつつある現代の玉串奉納。

玉串とは、もともとは参拝者や神職が神前に捧げものをする儀式でしたが、今日においては参列者が正式な礼にのっとって奉じることはなく、文具店や雑貨店で売っている玉串用の袋にお金を入れて奉納します。

玉串には天と地をつなぐ、串刺しになっているという意味があり、神式における奉納は香典や御霊前とは少し違って、非常に清廉なものです。

香典のように、直接的に故人や遺族に向けたものではありません。

■仏式で言うところの葬儀は、故人と遺族に対する儀式ですが、神式の場合はすべてが神に対する儀式であり捧げ物です。

ネットで検索すると、玉串=香典、葬儀祭=葬儀、斎主=僧侶と例えられていますが、もっとも大きな違いは、仏式における儀式は人間対人間の式次第であるのに対して、神式の葬儀祭は神に対する儀式という点です。