葬儀の一部変わった千葉の風習

葬儀の風習は、地域のよりいろいろありますが、千葉の一部の地域では変わった風習が残っているところもあります。

・千葉の一部で見られる風習

千葉でも都市部では一般的な葬儀を行いますが、一部の地域では、昔からの風習が強く残っている地域もあります。

一般的には、通夜と葬儀告別式を行った後に火葬をしますが、一部の地域では通夜の後に仮火葬を行い、その後葬儀告別式を執り行う「前火葬」という風習が残っています。

そしてその後するに納骨するため、都市部とは葬儀のやり方が異なります。

現在は少子高齢化や核家族化が進み、家族葬を選ぶところも増えていますが、千葉の農村部では、村や住民たちが組織を組み、組織で葬儀をサポートする風習も残っています。

・夜伽について

千葉の一部の地域では、通夜を夜伽と呼んでいます。

千葉の一部の地域に限らず、通夜は夜通し行うのが一般的でしたが、今は家族葬なども増えているため、3時間程度で終わらせる半通夜が一般的になりつつあります。

夜伽は、夜通し起きて故人のそばで過ごすため、飲食をしながら思い出話に花を咲かせる風習があります。

・まとめ

千葉でも地域により未だ様々な風習が残っている場所があります。

葬儀には黒と白が一般的ですが、長寿を全うしたという意味から、葬儀の時に紅白の水引が印刷されたポチ袋に、紅白のヒモを通した5円玉を入れ配る地域もあります。

長寿銭といって、長寿を全うした故人にあやかるという意味が込められています。

葬儀の一部変わった千葉の風習 はコメントを受け付けていません。

Filed under 千葉での葬儀の風習

Comments are closed.