千葉の葬儀に参列できない時の対応

やむを得ない事情で葬儀に参列できない事もあります。

こういう時もマナーをわきまえた行動を取りましょう。

・葬儀に参列できない時の対応

訃報を受けても仕事や、長期出張で葬儀に参列できない事があります。

やむを得ない事情がある場合は仕方ありませんが、葬儀に参列できない時にもマナーがあります。

まずは参列できない事を伝えます。

通夜か葬儀のどちらかに参列できるなら、参列した時に伝えればOKです。

両方とも参列できない時は、弔電を打ち、早めに香典を郵送します。

故人と親しくしていた場合は、供花や供物を送ってもいいですし、自分が参列できないが代理で配偶者や家族に代理を頼める場合は代理を立てます。

後日落ち着いてから先方の都合を確認して、弔問に伺います。

この時も長居せず、挨拶をしたら早々に引き上げます。

・葬儀があった事を知らなかった場合

訃報を知らせてもらえずに、後になってから亡くなった事を知るというケースもあります。

こういう場合は通夜にも葬儀にも参列できませんから、喪中はがきをもらった場合は、お悔やみの手紙を出しましょう。

既に年賀状を出してしまってから、喪中の知らせが届いた場合は、後からお詫び状を出します。

万一年賀状を出してしまっても、知らなかった場合は仕方ありません。

その後の対応でカバーできます。

・まとめ

お詫び状を出す時に、弔問に伺ってもいいかどうかを尋ねておくと安心です。

ただし正月の間は弔問を避け、少し経ってから伺うのがマナーです。

千葉の葬儀に参列できない時の対応 はコメントを受け付けていません。

Filed under 千葉の葬儀に必要な費用はいくら?

Comments are closed.