千葉での葬儀の焼香・献花マナー

葬儀の時は、通夜とは違ってまた別のマナーがあります。

知っているようで意外と知らない事も多いので、マナーは心得ておきましょう。

・焼香のマナー

葬儀の時に焼香をするのは宗派による違いなどもありますが、やり方はほぼ同じです。

ただし回数が宗派により異なるため、よくわからない場合は、他の人の様子をこっそり伺い、それを真似ればOKです。

焼香台まで進んだら遺族と祭壇に向かい一例します。

抹香を人差し指と中指でつまみ、香炉に落とします。

これを1回としますが、宗派により回数が異なるので、確認しておきましょう。

焼香が済んだら合唱し、そのまま一礼します。

後ろに下がり、遺族と僧侶がいれば僧侶に一礼して席に戻ります。

・献花のマナー

キリスト教の葬儀では、焼香は行わず献花をします。

花を受け取ったら右に花が来るように持ち、左手で根元を掴むように持ちます。

献花台に進み、遺族や牧師に一礼をしたら、花を自分の方に向け、左手の茎を祭壇に向け花を捧げます。

黙祷しお祈りをした後、再び遺族と牧師に一礼して席に戻ります。

・まとめ

どちらもそれほど難しい事ではありませんが、初めての時はわからない事も多いので、自分の番が来るまで、他の人の様子ややり方を見ておくといいかもしれません。

服装は喪服を着ますが、通夜は地味な色を選べば平服でもOKです。

ただし葬儀の時は、喪服を着用するのがマナーです。

アクセサリーは基本不要ですが、結婚指輪はそのままでも大丈夫です。

千葉での葬儀の焼香・献花マナー はコメントを受け付けていません。

Filed under 千葉の葬儀のマナーと服装について

Comments are closed.