千葉の葬儀で神式だった場合の注意点は?

葬儀といえば千葉でも仏式が多数を占めますが、神式(神道)も日本古来の葬儀であり、呼び名や意味、持ち物などはまったく異なります。

覚えておきましょう。

こちらの博全社なら、神式含め宗旨宗派を問わず葬儀を行えます。

■呼び名が違えば持ち物も違ってくる神式の儀式。

通常良く行なわれている葬儀という名の葬式は仏式によるものです。

仏式と神式とでは、その呼び名から違ってきます。

神式では葬儀のことを「神葬祭」と呼んでいるので、その呼び名を覚えておきましましょう。

神式はすべての式次において「祭」という1文字が使われます。

神葬祭は神に対して祈りを捧げ、命のまっとうを感謝する儀式です。

仏教のように成仏や極楽浄土といった概念はありません。

■「玉串」でもわかる人間と日本の神との関係性。

次に気をつけるべき点は、御霊前などといって用意する水引物です。

神式にはこのような儀礼はなく、「玉串」という名目で千葉の斎場に持参します。

玉串とは御霊(みたま)から転じた音魂の玉(天・空・神界)を表す1文字と串(神界と人界を串刺しにつなぐ)という意味があります。

神と人間はつねに一体のものであって、お互いに交信しあっている親子。

そのような関係性が神道にも古神道にも唱われています。

■神式の意味を知ると、神葬祭などの呼び名や玉串など持ち物・供え物の違いも分ってきます。

葬儀とは根本的に異なる儀式です。

注意点や違いを知るには、神式や神道の意味を検索して、自分なりにうっすらとでも理解しておきましょう。

仏式も神式も日本の良き伝統儀式であり、その奥深さに魅了されてしまう人も少なくありません。