千葉の葬儀を行う前の通夜・半通夜マナー

通夜は、故人の霊を慰める意味から、一晩中行うのが一般的です。

・通夜のマナー

今までは通夜を行う場合は、夜通し明かりを灯し、お香を絶やさないようにとされていました。

これは故人の霊を慰める意味と、一晩中明かりを灯し、お香を焚く事で、邪霊を寄せ付けないという意味もあります。

通夜に駆けつける場合は、急いで来たという事から喪服ではなく平服でもOKです。

ただし色は明るい色や派手な柄は避け、濃紺やグレーなど地味な色を選びます。

通夜に駆けつけられない時は、弔電を打ちます。

通夜に駆けつけた時は、死因を聞いてはいけません。

お悔やみの言葉を伝え、焼香を済ませ、通夜振る舞いを受けたら、長居せず早々に切り上げましょう。

・半通夜について

以前は通夜というと夜通し行うのが一般的でしたが、今は夜通し行わず3時間程度で切り上げる「半通夜」が主流となりつつあります。

ただし地域によっては風習なども残っているため、従来通り夜通し行う事もあります。

親族だけでお別れをするのを「仮通夜」、知人などが弔問するのを「本通夜」といいます。

・まとめ

通夜の時は原則座席は決まっていませんが、こちらにと通されたらそこに座ります。

通夜に駆けつける事ができても、翌日の葬儀は仕事の都合などで参列できない場合は、通夜の時にそれを伝えれば大丈夫です。

親しい間柄の場合は、後日改めて弔問に行くか、供花や供物を送る事もできます。

通夜の時に香典を持参していれば、葬儀の時は香典不要です。

葬儀には様々なマナーや、葬儀プランがあります。

こちら(http://www.hakuzensha.co.jp/)では事前に相談や質問することも可能です。