疑問スッキリ!AGAの問題解明改善ナビ

もしかしたらAGAかも?と思われる症状を集めました。そうかなと思ったら病院で診察を受けましょう。

AGAが疑われる症状

ある程度年を重ねてくると、髪が薄くなってくることがあります。

しかし、まだ30代なのに薄毛が気になるとか、最近抜け毛が目立ってきたというなら、もしかしたらAGAかもしれません。

AGAが疑われる症状としては、だんだんと頭頂部が薄くなってきたり、おでこの生え際あたりから後退してくるなどがあります。

頭頂部は円形に薄毛が広がってきますし、おでこの生え際は、両方のこめかみの上くらいから後退してきます。

進行はゆっくりなので、一気に抜けてしまうことはありません。

また、このような症状が出たからといって必ずしもAGAとは言えません。

円形脱毛症や脂漏性脱毛症の場合もありますから、まずはAGAの専門病院へ行って診察してもらうことをおすすめします。

もしAGAと診断されたらその治療を行いますし、そうでなかったらそれに対する治療を行います。

AGAにはなりたくない!と思うかもしれませんが、もしAGAと診断されても、落ち込むことあありません。

AGAは十分に治るものと認識されていて、「治療可能な脱毛」と言われているのです。

AGAの治療を専門に行っている病院で診察を受け、治療が必要と言われたら医師の指示通り治療を進めるようにしましょう。

治療は、飲み薬と塗り薬が一般的です。

薬は長く続けないと効果がみられないものですから、定期的に主治医の元へ行き、現状の報告をするようにしましょう。

もし副作用などがあって飲み続けるのがキツイ場合は相談すると薬の量を調整してもらえます。

AGAは薬が良い効果を表しているので、きちんと続けてみましょう。